榮倉奈々映画おすすめ3選!妻ふり&のぼうの城が面白い

ドラマ&映画
引用元:『妻ふり』公式ツイッター
記事内に広告が含まれています。

今回は、榮倉奈々さん出演のおすすめ映画3選を見どころ、撮影秘話とともにご紹介。

『妻ふり』や『のぼうの城』など面白い作品に出演しています。

それではどうぞ。

榮倉奈々おすすめ映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

榮倉奈々さんと安田顕さんの夫婦役が話題になったおすすめ映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(通称 妻ふり)。

2018年に公開されました。

『Yahoo!知恵袋』の質問がきっかけでコミック化されたのちに映画化されたハートフルコメディです。

ストーリーは衝撃的なタイトルの通り。

妻演じる榮倉奈々さんが夫の帰宅に合わせて毎回“死んだふり”をする物語です。

なんと榮倉奈々さんが15パターンもの死んだふりを披露しています。

どんどん死んだふりがエスカレートしていくのですが、どれもクオリティーが高いです。

ワニに喰われるというありえないシチュエーションには思わず笑ってしまいました。

画像引用元:『妻ふり』公式ツイッター

また、榮倉奈々さんがとても愉快な妻を明るく演じているのが印象的。

ネット上では「屈託のない笑顔が可愛すぎる!」といった声がたくさんあがっていました。

そして、夫役の安田顕さんがあの手この手で死んだふりをする妻に対し、いつもとことん付き合う姿がなんとも微笑ましく温かい気持ちにさせられます。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』なぜ死んだふり?

実話を元に作られた『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』ですが、なぜ死んだふりをするのか気になるところです。

結論は、映画を観た人の解釈に委ねる形となっています。

ということで、作品に込められたメッセージを感じながら観るのがおすすめです。

榮倉奈々の理想の夫婦像は?

榮倉奈々さんは脚本を読んで、ヒロインの夫への愛情の深さを強く感じたそうです。

そして自分が脚本から受け取ったことを誠実に演じることを意識したと話していました。

また理想の夫婦についても言及しています。

2016年に賀来賢人さんと結婚した榮倉奈々さん。

理想とする夫婦の形を実現するのは難しいこと」と話しています。

そして「結婚生活の中で2人が少しずつ小さなことを積み重ねていき、オリジナルの夫婦の形ができればそれが理想」と語っていました。

作品には、“理想の夫婦の形は夫婦の数だけある”というメッセージも込められているのかもしれませんね。

ストーリーは、主演2人の夫婦のお話しだけでなく様々な夫婦の問題とともに展開していきます。

中でも、安田顕さんの後輩を演じた大谷亮平さんと元宝塚の野々すみ花さん夫婦の問題がリアルで興味深いものでした。

「夫婦とは、人生とは」と考えさせられつつ、クスッと笑えて何気ないセリフにほろっとする心温まる作品となっています。

榮倉奈々出演のおすすめ映画『のぼうの城』が面白い!

画像引用元:cinemacafe.net

続いての榮倉奈々さんのおすすめ映画は、2012年に公開された野村萬斎さん主演の『のぼうの城』

和田竜さんの小説が原作です。

忍城(かつて埼玉県行田市にあった城)の城代・成田長親(のぼう様)が、たった500人の軍勢で、石田三成率いる2万人の軍勢に立ち向かう戦国エンターテイメントです。

壮大なスケールで描かれているところが見どころの一つで、合戦シーンや水攻めシーンは圧巻

監督は、特撮もので有名な樋口真嗣さんと、ヒューマンドラマに定評のある犬童一心さんの2人がつとめました。

2人の監督それぞれの持ち味が活かされた見応えのある作品となっています。

コメディタッチで全体的にポップに描かれている本作。

なので歴史が苦手な方でも観やすいのがポイントです。

そしてとにかく、野村萬斎さんの魅力が存分に出ている映画となっています。

ネット上では「この役は萬斎さんにしかできない」といった声がたくさん聞かれました。

敵陣の前でみせる「田楽踊り」も見どころの一つ。

振り付けや歌詞など踊りの構成全てを野村萬斎さん自身で行ったそうです。

様々なアングルから何度も撮り直し「田楽踊り」のシーンだけで3日ほどかけたというこだわりぶりは必見。

ちなみに脚本には、「田楽踊り」のシーンは「卑猥である」とだけ書かれていたそうです。

榮倉奈々&野村萬斎 映画共演秘話

榮倉奈々さんは当時時代劇初出演で、ヒロイン・甲斐姫を好演しています。

さっそうとしていてかっこいい甲斐姫は榮倉奈々さんの雰囲気にぴったりでした。

それでいて、のぼう様に密かに恋心を抱く戦国時代の姫の切ない女心を素敵に演じています。

意外にも野村萬斎さんは、のぼうの個性的なキャラをどのように演じていいか迷っていたそうです。

そして榮倉奈々さんに「甲斐姫はのぼうのどこが好きなの?」と問いかけました。

その問いになんと6時間悩んだという榮倉奈々さん。

絞り出した答えは、「のぼうの将器」でした。

その答えの通り、野村萬斎さん演じるのぼうのユニークなリーダー像も見どころです。

「この人のために一肌脱ごう」と思わせる魅力あふれるものとなっています。

野村萬斎さんは、榮倉奈々さんが時間をかけて出したのぼうの魅力の答えに感謝していました。

また、脇を固めた役者さんの配役も素晴らしいです。

成宮寛貴さん、山口智充さん、上地雄輔さん。

さらに山田孝之さん、佐藤浩市さんなど錚々たるメンバーが共演。

豪華なキャストによる合戦は必見で、迫力の演技、迫力の映像で見応え十分な一作となっています。

榮倉奈々のおすすめ映画『余命1ヶ月の花嫁』

画像引用元:映画.com

最後の榮倉奈々さんおすすめ映画は、2009年に公開された『余命1ヶ月の花嫁』

榮倉奈々さんの代表作の一つで、永山瑛太さんとの共演も話題になりました。

若年性乳がんに侵され24歳で亡くなった長島千恵さんと、彼女を支え続けた赤須太郎さんの感動実話を映画化した作品です。

タイトルから内容は想像できるのですが、ネット上には「結末がわかっていても泣ける」という声が多くあがっていました。

とはいえ、2人の別れと壮絶な運命を悲しむお話しではなく、たくさんの愛や千恵さんのメッセージが詰まった温かい作品となっています。

榮倉奈々の笑顔が素敵!

榮倉奈々さんは、すでにドキュメンタリーや小説で多くの人が知っているこの役を演じるにあたり、とても悩み肩に力が入っていたそうです。

そんな榮倉奈々さんに、廣木隆一監督は「脚本を読んで感じたままに演じたらいい」と話したといいます。

その言葉通り、最期まで優しく強く生き抜いた千恵さんをたくさんの笑顔で演じていた榮倉奈々さんの姿がとても印象的でした。

また、永山瑛太さんの渾身的に支える演技も心打たれるものがありました。

共演には、千恵さんの親友を演じた安田美沙子さん。

千恵さんの父親を演じた柄本明さん。

太郎さんの父親を大杉漣さんが好演。

皆さん自然体で、実話のリアリティさが伝わるさすがの演技でした。

登場人物それぞれの立場の感情もよく描かれている本作。

人を愛することの素晴らしさを教えてもらえる価値ある作品となっています。

今回は、榮倉奈々さん出演のおすすめ映画3選をご紹介しました。

どれも、榮倉奈々さんの笑顔が印象に残る素敵な作品ばかりです。

榮倉奈々のおすすめ映画を無料視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

動画配信サービスU-NEXTなら、31日間の無料トライアルでフル無料視聴できます。

今回ご紹介した作品以外にも榮倉奈々さんが出演した映画やドラマの見放題作品はまだまだあります。

もちろん無料トライアルのみの利用も可能です。

この機会に榮倉奈々さんの素敵な笑顔にぜひ触れてみてください!

※本ページの情報は、2024年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認をお願いいたします。

【関連情報】こちらもおすすめ

榮倉奈々の美容の秘訣は腸活&食事!トレーニングと驚きの趣味についても

榮倉奈々と賀来賢人 夫婦仲が良いと言われる理由とは?プロポーズと馴れ初めについても

コメント

タイトルとURLをコピーしました