綾野剛の驚きの役者魂とは?筋肉も役者魂!恩人の存在についても

俳優
引用:『武曲』公式ツイッター
記事内に広告が含まれています。

綾野剛さんの驚きの役者魂についてご紹介しています。

映画『武曲 MUKOKU』『亜人』での筋肉も話題になった綾野剛さんですが、そこには恐るべし役者魂がありました。

綾野剛さんの美しい筋肉の作り方とダイエット法についてもまとめています。

また、今の綾野剛さんがあるのは恩人の存在があったからでした。

まずは、上京とブレイクのきっかけからどうぞ。

綾野剛のプロフィール

本名:非公開(川井剛といわれている)

生年月日:1982年1月26日

出身:岐阜県岐阜市

身長:180cm

血液型:A型

学歴:関市立関商工高等学校

俳優デビュー:2003年(21歳)

趣味/特技:漫画、ゲーム、写真、ギター/陸上競技、ダイビング

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

上京のきっかけはスクランブル交差点!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

恋はDeepに【ドラマ公式】(@deep_ntv)がシェアした投稿

綾野剛さんは一人っ子で、両親は共働きでした。

そのため幼少期は一人で近所の森に秘密基地を作ったり、洞窟を作ったりして遊んでいたそうです。

中学、高校時代は陸上に打ち込み、陸上競技大会では800メートル走で優勝経験があります。

高校卒業とともに上京した綾野剛さん。

上京のきっかけは、テレビでお天気カメラに映った渋谷のスクランブル交差点を見たことでした。

その凄まじい人混みをみて、「自分はこの真ん中に立たなければいけない」と思い立ったのだとか。

そしてヒッチハイクをして東京に向かったのでした。

外国人もその光景に驚くという渋谷のスクランブル交差点が綾野剛さんの原点だったとは意外ですね。

綾野剛の恩人の存在とは?

上京後は、アルバイトをしながらモデルとして活動していた綾野剛さん。

その後、2003年に『仮面ライダー555(ファイズ)』で俳優デビューを果たしました。

当時は、とくに俳優を目指していたわけではなく、お小遣い稼ぎのための出演だったそうです。

しかし石田秀範監督はそれを見抜いていました。

そして、何気ないシーンに対し23回もNGを出しやり直させたのです。

綾野剛さんは、「なぜここまで恥をかかされなくてはいけないのか…」と苛立つ気持ちの中、何度も何度も同じシーンをやり直し、ようやくOKが出て控え室に戻るときに「俳優としてやっていこう」と決意しました。

当時、若干21歳だった綾野剛さん。

この時初めて大人が真剣に自分と向き合ってくれたように感じたそうです。

今では役者をなめていた自分を本気にさせれくれた石田監督のことを“恩人”だと語っています。

人生のターニングポイントには必ず恩人の存在があるなんていいますが、石田監督との出会いがまさにそれだったのですね。

ブレイクのきっかけ

その後は様々な映画やドラマに出演。

2010年のドラマ『Mother』で、芦田愛菜さんを虐待する不気味な男を演じ、注目を集めました。

そして2012年、連続テレビ小説『カーネーション』の出演で一気に知名度が上がっていったのでした。

綾野剛&妻夫木聡 映画『怒り』での役者魂が凄い!

役者魂が凄すぎることでも知られる綾野剛さん。

映画『怒り』では、妻夫木聡さんと同性カップル役を演じました。

その際、役づくりのため妻夫木聡さんとホテルで2週間以上同棲生活を送っています。

また、お互いを役名で呼びあい手を繋いで食事に出かけていたそう。

さらにはお風呂も一緒に入ったという驚きのエピソードも明かしていました。

そこまでしなくても…と思ってしまいますが、そんなところに俳優としてのプロ意識を感じますね。

ちなみに、綾野剛さんから同棲を提案しています。

その際、妻夫木聡さんが放った言葉は「僕も同じこと考えてた」だったそうです。

同棲して気付いたことも多かったといい映画では「本気で2人は愛を育んでいた」と言われています。

役は演じない!?

そんな綾野剛さんですが、演じることについて、

「紆余曲折あるけど、最終的には直感」だとインタビューで答えていました。

演じることより、直感を信じてその役を生きるということを意識しているそうです。

憑依型とも言われる綾野剛さん。

演じていないからこそどんな役にも染まるのかもしれませんね。

映画『怒り』はU-NEXTで見放題配信中

綾野剛の筋肉は役者魂!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

恋はDeepに【ドラマ公式】(@deep_ntv)がシェアした投稿

綾野剛さんの筋肉はアスリート並みで筋肉も役者魂からできているようです。

役のためにダイエットや筋トレもストイックな綾野剛さん。

映画『武曲』では体脂肪率が7%になったことを明かしています。

スポーツによって違いますが、アスリートの体脂肪率は一般人より10%ほど低い、10%から15%と言われています。

このことからも、綾野剛さんの体脂肪率の凄さがわかりますね。

綾野剛のダイエット法

綾野剛さんのダイエット法とは、ずばり“糖質制限ダイエット”です。

糖質制限ダイエットとは、その名の通り糖質の多い食べ物を制限すること。

代わりにタンパク質が豊富な鶏肉などをたくさんとるダイエットです。

多くのアスリートが実施しているダイエット法でもあります。

綾野剛さんは役づくりのため、大好きな白米やアルコールを断ち、3食野菜を取り入れました。

筋トレしつつ、低カロリー高タンパクな食生活を送った結果アスリート並の体づくりに成功したそうです。

綾野剛『武曲』での役者魂が凄い!筋肉がCGみたい!?

引用元:『武曲』公式ツイッター

「綾野剛の筋肉がCGみたいと映画『武曲』で話題になりました。

『武曲』では剣道5段の役を演じています。

剣道未経験だった綾野剛さんは、筋トレの他、剣道の猛特訓にも励みました。

そして、漫画で描かれるような筋肉美を披露し話題になりました。

監督から「俳優の肉体で表現する映画にしたい」と言われ、綾野剛さんの役者魂に火がついたようです。

映画『亜人』でも筋肉が話題に

さらに、その3ヶ月後には映画『亜人』に出演。

『亜人』では不死身な体を手に入れたテロリスト役を演じるため、主演の佐藤健さんとともに肉体改造をしています。

こうして2作連続で「CGのような完璧な筋肉」と話題になったのです。

本当に漫画に出てくるような筋肉でしたが、決してCGではありません。

綾野剛さんは4ヶ月半もの間、役づくりのため筋トレと食事制限に取り組んだそうです。

『亜人』は佐藤健さんと綾野剛さんのイケメン2人が繰り広げるど迫力のアクションがかっこいいと大ヒットになりました。

『亜人』『武曲』はU-NEXTで見放題配信中!

綾野剛の筋肉の鍛え方は?

綾野剛さんの筋肉はどのように鍛えられているのかも気になるところです。

筋トレ法は、なんとジムには行かず自宅でのトレーニングが基本。

とはいえ、あれだけの漫画のような美しい筋肉を作るには専門のトレーナーから食事面を含めてアドバイスをもらっているに違いありません。

トレーニングメニューは、懸垂や腹筋、腕立て伏せといった基本的な筋トレが中心だそうです。

綾野剛さん自身も納得のいく筋肉に仕上がったと自画自賛していたようで、

「あの時に出来る最高の状態までいけた」と語っていました。

それにしても、監督からの一言でアスリート以上の体づくりを実現させてしまう綾野剛さんの役者魂には驚かされますね。

そのストイックさが作品に重厚感を与えていることは間違いありません。

【関連情報】映画『武曲』の内容は下記でご紹介。

映画 武曲の内容を見所、撮影秘話と共にご紹介!綾野剛の筋肉の裏話も

U-NEXT

以上、【綾野剛の驚きの役者魂とは?筋肉も役者魂!恩人の存在についても】についてご紹介しました。

綾野剛さんの筋肉は役者魂からできていたのですね。

今後さらに進化を遂げた演技を見せてくれることでしょう。

綾野剛の映画を無料視聴するならU-NEXT

綾野剛さんの映画を無料視聴するなら日本最大級の動画配信サービスU-NEXTがおすすめです。

映画『怒り』や『武曲』『亜人』など綾野剛さんの役者魂が光る作品を多数見放題配信しています。

U-NEXTを初めて利用する方は、31日間のお試し期間に見放題作品を思う存分無料視聴できます。

この機会に、綾野剛さんのおすすめ作品をぜひ視聴してみてください!

U-NEXT

多部未華子さんと共演した映画『ピース オブ ケイク』もおすすめです。

多部未華子人気映画“ピースオブケイク”見所&人気シーンの撮影秘話をご紹介!キャストが豪華

※配信情報は、2022年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認をお願いいたします。

U-NEXT公式サイト

ダイエットや体づくりに興味がある方はこちらもおすすめです。

プロのパーソナルトレーナーによるボディメイク指導をスマホアプリでリーズナブルに!ウィズフィットネスの無料体験はこちら

ジム通いが続かない方、家で体を鍛えたいけど上手くいかない方

食事面から理想体型を目指したい方など、自宅で効率よく指導を受けられるのでおすすめです。

まずは、無料体験で自分に合うか試してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました